電子タバコで禁煙を達成

数十年前に喫煙の危険性について認識するようになって以来、多くの人々は、タバコの習慣をやめるのは難しいことに気付きました。企業はこれまで、多くの種類の禁煙対策製品を開発し、製造してきました。ニコチンパッチからガムまで、ニコチン中毒者は禁煙するためにそれらを使用しています。

電子タバコ(加熱式タバコとも言います)は、市場で最新の製品です。電子タバコは、実際にはタバコ成分を含まない人工煙を発生させるものまで、本物のタバコのような外見と雰囲気を醸し出すように設計されています。使用者は、喫煙者だけでなく周囲の人にも有害なタバコ煙に含まれる発がん物質などを含有しない煙のように見えるニコチン蒸気を吸い込みます。

電子タバコは、液体ニコチンを含むニコチンカートリッジで構成されています。使用者が吸入すると、小型の電池式アトマイザーが、少量の液体ニコチンを蒸気に変えます。ニコチン蒸気を吸入すると、使用者にパッチやガムのように何分間もの長い時間ではなく、数秒の間ニコチンを供給します。使用者が吸入すると、電子タバコの先端にある小さなLEDライトがオレンジ色に点灯して、は実際のシガレットを模倣します。

様々な濃度のニコチンカートリッジが用意されています。Gamucci電子タバコなどの主要ブランドのほとんどは、最大濃度、ハーフ濃度、最小濃度のカートリッジを揃えています。これは禁煙したい人のために設計されています。禁煙したい人が電子タバコに使い慣れたら、最終的に禁煙するまで、徐々にニコチン濃度を下げていくことができます。

電子タバコが、ニコチンパッチやガムよりも優れている点は、まず利用者が素早くニコチンをヒットさせることができることです。そして、パッチやガムに頼っている喫煙者が禁煙に失敗する大きな理由は、細長い円筒状の物から煙を吸うという行為自体が身についているためと言われていますが、電子タバコは形状や外観はもちろんのこと、煙までもそっくりに真似ていることです。

電子タバコは経済的な点でも有益です。5個のニコチンカートリッジのセットは500本のタバコに相当しますが、値段は1200円前後と格安です。電子タバコのスターターキットの値段は約12,000円と最初は負担が大きく思えるかもしれませんが、長期的に見ればかなりお金の節約になります。

多くの人気商品と同様に、市場には安価な模造品も多数あります。格安品は、通常、ブランドの電子タバコの半額以下であり、本物のように見えます。

厳格な公式の電子タバコの試験に合格していない粗悪品の電子タバコが出回っていますが、使用者の健康に害を与える可能性がありますので、このような粗悪品の使用は避けてください。

電子タバコは、今後ますます普及し、禁煙となっているレストランや居酒屋での使用も増えてくると思われます。電子タバコが本物のタバコに取って代わる日が来るのもそう遠くないことではないでしょうか。