電子タバコの5つの利点

電子喫煙は急速に普及しており、人々が喫煙する方法が永遠に変わる可能性があります。電子タバコが貴方や貴方の恋人、家族に利益をもたらすものなのか疑問に思っていませんか? 電子タバコの多くの利点のうちのいくつかを「本物のタバコ」での喫煙に対する賢明で健康的な代替方法として検討してください。

電子タバコの5の利点:

1. 健康

喫煙の最も危険な点は、実際の煙を吸入、肺にタールが吸入される、発癌物質、その他の化学物質が含まれることです。電子タバコでは、実際には何も燃やしていないので、煙、タール、発癌物質は発生しません。ニコチンは霧のように気化します。煙のように見えますが煙ではありません。これは本物のタバコよりもはるかに健康的なものであることは明らかです。

2. コスト

ニコチンカートリッジのコストは本物のタバコと比べて、はるかに安くなります。電子タバコのニコチンカートリッジは、本物のタバコの1~1.5パックに相当します。5カートリッジのパッケージは1600円程度の費用がかかります。 これは1パックにつき約220~330円になります。これは大きな節約です!

3. 利便性

煙が出ないので、どこでも電子タバコを吸うことができます。レストランやバーで突然「ベーピィング」を行うと、奇異に見える可能性がありますので、その前に担当者の許可をとっておいてください。しかし、技術的に言えば、副流煙の問題がないので、公共の場所でベーピィングを行っても問題はないはずです(ただし、一部の場所では電子タバコのベーピィングも禁止されている場合がありますので注意してください)。

4. 臭い

いつまでも残る臭いがないので、もはや口臭、髪、服、手などの臭いが気になることはありません。受動喫煙で誰かを怒らせたり、臭いに苦情を言うこともありません。

5. 心の安らぎ

貴方はより健康的な方法を選択していることが分かって安心しています。確かに、まだニコチンを吸収している場合もあるでしょうが(ニコチンが含まれているリキッドの場合)、少なくとも本物のタバコに含まれる信じられないほど危険な煙や4,000種の毒性化学物質は回避しています。

電子喫煙が完全な禁煙に役立つことを疑っている人もいます。これを証明するのに十分な臨床試験データはまだ存在しませんので、議論の余地があるテーマです。しかしながら、ガム、パッチなどの、他のニコチン送達選択肢は、多くの禁煙方法の一つとして広く使用されています。常識的に考えて、電子タバコも同様な効力を持つ可能性を秘めていると言えます。