電子タバコで禁煙チャンス

電子タバコは禁煙に役立つでしょうか? おそらく役立つでしょうが、電子タバコを販売する企業がそれを宣伝に使うことはなさそうです。FDAは電子タバコを承認していないため、禁煙用デバイスとして販売されているのではなく、公共の場所で喫煙を希望する人々の健康的な「タバコの代替品」として販売されています。

電子タバコは、タバコに代わるニコチン送達システムです。常識的には、ニコチンガム、パッチ、吸入器と同様に禁煙プログラムの一部として効果的に活用できるはずです。

電子タバコのニコチンカートリッジに関して興味深い事実があります。電子タバコのニコチンカートリッジには、ニコチン量が高、中、低、ゼロとなっているものが用意されています。 おそらく、ニコチンの摂取量を徐々に減らすことによって、ニコチン中毒からゆっくり離脱できると考えられます。「高」ニコチンレベルのカートリッジでさえ、従来のタバコよりも1吸入当たりのニコチン量はかなり少なくなっています。

 

電子タバコで禁煙に成功した人が多数いるのでしょうか?

これまでのところでは確かなことは言えません。それに、組織的な研究はまだ行われていません。しかし、多数の「ベイピィング(電子タバコの蒸気を吸うこと)」フォーラムに参加してみると、多くの人が電子タバコを使って禁煙に成功したことを証言しています。これらの成功事例のいくつかは、何十年にもわたって喫煙してきた人のものです。

徹底的な臨床研究が行われるまでは、実際の証言と妥当な判断に頼らざるを得ない状況です。自分で調べて研究し、事実から学んでいく必要があるでしょう。 それに基づいて、電子タバコが禁煙に役立つかどうかを判断し、大人の意思決定を行ってください。

結論は次のようになります。
電子タバコほど有望なものでも、一晩で禁煙を可能にする「特効薬」なるものはありません。永遠の禁煙は、必ずタバコをやめるという強い信念から始まります。 本当にやめたいのであれば、その目標を達成する上で、電子タバコが非常に有用な道具になるでしょう。
しかし、現実を見てみると…喫煙者の多くは実はタバコをやめたいと思っているのではないのです。タバコの吸い過ぎよくないので、できるだけ吸う量を減らしたいと思っています。このような人々には、電子喫煙が健康的な選択肢になるはずです。