電子タバコについて

2017年11月15日

最初に電子タバコという言葉を聞いたときに感じたのは、単なる目新しい商品というだけで、あまり真剣には考えなかったのでした。しかし、詳しく調べてみた結果、人々の喫煙方法に革命を起こす可能性のある独創的な発明であることに気付きました。

電子タバコは正確には何でしょうか? ここでは、それが何であるか、それがどのように機能するのか、自分や自分が愛する人にどのようなメリットがあるかについて説明します。

電子タバコは、まるでタバコのような外観、雰囲気、味を持ち、同じように反応をする電池式デバイスですが、本当のタバコではありません! 電子タバコはニコチンを供給しますが、本物のタバコの煙に含まれる有害な煙、タール、化学物質などはありません。ニコチンは無臭のきれいな蒸気で吸入します。

電子たばこは、通常、以下の3つの部分で構成されています。
1. アトマイザー
2. 電池
3. ニコチンカートリッジ

注:新型モデルには、アトマイザーとニコチンカートリッジを1個の使い捨てユニットとして一体化したものもあります。この利点は、時間が経過すると詰まって効率が低下するおそれがある、アトマイザーを繰り返し使うのではなく、常に新しいアトマイザーを使えることです。新しいアトマイザーを使用すると、吸う際の蒸気量が大きくなるので、より満たされた喫煙体験が得られます。

 

各構成部品の機能は、次のとおりです。

1. アトマイザー。これは液体ニコチンの混合物を加熱して気化させます。この蒸気を吸う感覚は、本物のタバコの煙にそっくりですが、本物のタバコのような健康上のリスクはありません。熱気のあるので、まるで本物のタバコを吸っている感触です。蒸気は煙に見える雲を発生させますが、実際にはすぐに消える霧のみです。

 

2. 電池。使用する電池は特殊なものではなく、アトマイザーに電源を供給する充電式バッテリーです。実際のタバコの本体のように形作られています。 バッテリの寿命はモデルによって異なります。 寿命は吸う回数によって決まります。 通常は、150~400回吸い込むと、バッテリーを充電する必要があります。
 

3. ニコチンカートリッジ。これらのカートリッジは、水とニコチンの溶液で構成されています。1個のカートリッジは、タバコ1~1.5パックに相当します。 高、低、中のニコチン強度で楽しめます。 ほとんどのメーカーは、伝統的なタバコ・フレーバー、メントール、バニラ、チョコレート、フルーツ・フレーバーなど、様々な風味を提供しています。

電子タバコは驚くほど本物のタバコに似ていますが、健康上のリスクはありません。なかなか消えない悪臭はありません。本物のタバコよりもずっと安価です。さらにどこでも使用できるという特徴も相まって、電子喫煙は賢く健康的な選択肢になるので、自分にとってあるいは自分の友人や大事な人にすすめるだけの価値があります。